【緊急事態宣言の全面解除後の対応について】 詳細はこちら

【 レンジフードクリーニング 】~ クリナップ:洗エール ~

イブさんのおそうじ日誌

レンジフードクリーニング
お得なキッチンパック

どうも皆さんこんにちは!
夏は仕事終わりにアイスを食べるのが至福のひと時。ウィールズ.の指宿です。

夏の暑さも落ち着きつつありますが、水分を十分にとって熱中症に気を付けてくださいね。

さて今回は少し珍しい【 クリナップ:洗エールレンジフード 】のクリーニングのお話しです。

↑ こちらがクリナップの『 洗エールレンジフード 』

こちらは給湯トレイに40度くらいのお湯をセットして洗浄ボタンを押すと、自動で内部のファンフィルターを洗浄してくれるレンジフードになります。

メーカーによれば、約10年間はファンフィルターを洗わなくても良いという事の様です。使用頻度によって多少変わるとは思いますが、あくまでも通常のレンジフードよりは汚れていくスピードが遅いだけ、というのが私の感想です。

ファンフィルター以外の部分は普通に汚れますから(;^ω^)

まず、周辺をしっかり養生してから作業開始!
洗エールレンジフードの分解は整流板、給油トレイ、排水トレイ等を取り外し、レンジフード本体上の板(上幕板)をズボっと外してファンフィルターを取り外します。

注意点としては、洗エールレンジフードのファンフィルターは表面に親水コートが施されていて、100度近い熱湯や苛性類が主成分の洗浄剤を使用すると、親水コートが剥がれてしまう可能性が大である事。

当店のレンジフードクリーニングでは素材を傷めてしまうような苛性ソーダ、苛性カリは使用せず、中性に近く素材に悪さをしない洗剤をチョイス。ぬるま湯と刷毛を使い優しくじっくりと油汚れを落としていきます。

↑ 只今、洗浄中…

すると…
ファンフィルターもすっきりとキレイになりました!

ファンフィルターもピッカピカ!

洗エールに限らず通常のレンジフードを含めて、長い間油汚れが蓄積し、外に繋がるダクトの方まで詰まってしまうと、レンジフードの排気がされずに室内に油が舞う事に。それにより、家具や建具などがベトベトになってしまいます。

フィルターやレンジフード内部の汚れが原因で、排気能力が低下してしまう事で、キッチンスペースだけではなく、広範囲に汚れが広がりやすくなってしまうということ。重要なのは、分解洗浄によるレンジフード内部の汚れの徹底洗浄です

なので、レンジフードクリーニングは、キッチンスペースだけでは無く他の部分の汚れ防止にも繋がるという事ですね(´ω`)

レンジフードは1年~2年毎の分解洗浄クリーニングをオススメします。

今回はここまで。
それではまた!